Long may you run

- 末永く走り続けられますように -

UTMF 2019 振り返りと UTMF 2020 に向けて

f:id:nuichi:20190509143917j:plain

UTMF 2019。挑んできましたが、A6忍野エイドで足踏みしていたところでレース中止に。中止後にアナウンスされた区間コース「MF_OSHINO114k」の短縮コース完走という結果となりました。

今回の UTMF がどんなレースだったかは、レース後10日間ほどのわずかな期間で、Blog, Facebook, Twitter, Instagram などで語り尽くされてしまっているので、今更自分が同じストーリーをなぞったところで何の面白みもなく。

手元には6,000文字ほどの文章が出来ていたものの、まだA2麓にすらたどり着いておらず(笑)、書き上がる頃には50,000文字ぐらいの大作、否、駄作が出来てそう。 今回その文章は破棄して、次の点についてブログに書き残したいと思います。

  1. UTMF 2019を自己中心的に振り返る
  2. UTMF 2020に向けて
  3. 最後に

1. UTMF2019を自己中心的に振り返る

f:id:nuichi:20190509144927p:plain 何時間向き合ったか分からない、走行計画シート

46時間制限のこのレースに対して、40時間以内必達、あわよくば38時間以内の完走を設定して入念な計画を立ていた。
この目標時間については、はじめての100マイル挑戦としては、攻めすぎず・守りすぎずといったところか。

しかし今回、レース中止のSMS報が放たれたのは、スタートから27時間18分後の、27日15時18分。
なお、アナウンスと同時に走行停止させられたわけではなく、次のエイドまで進むことができた。
例えばこの時間に終点・大池公園へ向かっていたランナーは、無事終点での完走という名誉を得ている。人数は100名に満たないようだ。

...28時間ぐらいでゴールする計画で走ってたら、大池公園で完走できてたんだな。

数日経ってから、そう思うようになっていた。

28時間00分でゴールするためのペースを、henry王子のUTMFペース計算機(傑作)で確認してみると、ざっくり次のようになる。

  • 昼12:00スタート
  • A2麓(51km)には6時間後の18時頃に到着
  • A3本栖湖には20:30過ぎに到着
  • A4精進湖、23時頃
  • A5勝山、AM2:00前
  • A6忍野、AM5:00前
  • A7山中湖きらら、AM7時頃
  • A8二十曲峠にAM11時前
  • A9富士吉田に午後2:00前
  • →大池公園にて午後4時頃ゴール

これを今回の経験に当てはめてイメージしてみると、

  • 今回自分がA4精進湖に到着した頃(AM4:27)には、二つ先のA6忍野へ向けて、その手前の忍草山を下っていなければならない
  • あの天子山地があるけど、A2麓51km地点に6時間で到達する必要がある
  • A7以降も良いペースで進むことも大事。進行スピードは、試走時のノンビリペースとほぼ同じ(無論、127km走った後ではあるが)

この目安時間は、2018年つまり晴天のUTMFが計算の元データなので、今年は霧・雨・泥によるペースダウンもあったわけだから、今回大池公園完走した人達は本当に強い。「勇者」という言葉が思い浮かんだ。

次の目標は、28時間以内の完走、これにしたい。次もなにも、まだ一度もUTMFも100マイルも完走していないけど。

天候やら、大本営英断と関係なく、ゴールできる力が欲しい。

UTMFを28時間以内で完走する強さ、速さ、計画性、戦略性、マネジメント力。
今回、何が原因かまだよく分からないが、右足の膝裏をしこたま痛めてしまった。これも論外で、怪我をしないこと。

相応の練習計画を立ててゆこうと思う。

来年も当たったとして、24時間ぐらいで中止になったら?いや、そういうのはきりがないので考えない。

今回、UTMF 2019に負けたと思っている。あんなに憧れていたフィニッシャーベストに、袖を通す気も起きない。

もう一度、UTMF 2019に勝ちたい。それを、28時間以内の完走という目標設定で置き換えたい。

今時点、相当な実力差があるのは重々承知なのだが、今回UTMFに負けて火が付いているので、この気持ちを燃やし続けたい。

2. UTMF2020に向けて

こちらは個人的な話ではなくて大会全体について、大きく二つ。

渋滞を考える

f:id:nuichi:20190509144059j:plain W粟倉からA1富士宮間の渋滞

f:id:nuichi:20190509144257j:plain 他人のペースで走る辛さが続く

まず今回、2300人程が出走したかと思うが、

  1. 特に前半、この人数では走れないパートが何ヶ所もあった
  2. 加えてコースの一部、熊森山や竜ヶ岳からの下りなどで、天候による影響があった

天候による影響とは、霧による視界不良と、雨による足下の泥濘である。これは多くの選手にとって精神的ダメージが大きかったので、意見や議論もつきないところだが、

  • 抜本的な解決が難しい地権者問題
  • 出来うる補助策としてのコース整備強化

に落ち着き、それ以上の解はないだろう。

ここでは「2300人が走ることによる渋滞」という問題を考察する。

トレイル渋滞は、高速道路における車の渋滞のメカニズムと似ている。

  • ひとりが下り坂でスピードを緩めれば、後続はブレーキを掛ける必要があり、その後ろは更に強くブレーキを...
  • ひとりが登りでスピードを落とせば、後続はそれに反応してブレーキを掛けて...

このメカニズムは中央道の小仏トンネル渋滞の解説が分かりやすい。

車の渋滞の解消は一筋縄ではいかいないが、我々に置き換えてみた時に思い浮かぶ解消策のひとつは、ウェーブスタートだと思う。

私が過去に走ったロードのフルマラソンで、ウェーブスタートが採用されていなかったレースはなかった。規模的には1.5万人や、レースによってはそれ以上のランナーが参加していながら、重篤な問題(=選手にとって、レース参加の意味やレースの意義すら考えたくなるようなレベルの問題)とならない。ウェーブ設計は、過去のベストタイムを申告して機械的に振り分けられるため、かなり公平だ。

ハセツネ本戦も、近いことを実現するためにウェーブスタートが取り入れられている(ただし、どのウェーブでスタートするかの意志決定は選手自身に委ねられるため、十分に機能はしているとは感じられないが)。

UTMFの場合は、LiveTrail の Goast 機能で予想ゴール時間が出せるわけなので、これがウェーブ作成時に使えるだろう。
最悪、ハセツネの手法でもある程度緩和されそうだ。シンプルに3つだけラインを引いて、28時間、34時間、42時間、それ以上とする。友人と走る場合は、速い人のエリアではなく、遅い人のエリアでスタートすること。

スタート時点のわちゃわちゃとしたお祭り感は少し減るが、全出走者がその後気持ちよく走れる時間が増すなら、トライする価値があるのではないだろうか。ただし話の最初に戻るが、天候系渋滞への好影響は軽微だろう。速いランナーならあの泥濘もスムーズ、とは限らない。

f:id:nuichi:20190509144457j:plain 天子山地の登り渋滞。霧で視界不良

しかし少なくともW粟倉からA1富士宮間のストレスは激減するだろう。私は計画から+1時間程度で抜けたが、これはまだいい方で、中にはもっと時間が掛かった人もいたようだ。

ウェーブスタート以外には、参加人数を大幅に減らすという案が思いつくが、これは発展的な案とは言えないだろう。

課題の再発防止と情報のオープン化について考える

次の問題は、「A2麓で富士宮やきそばが食べられなかった人がいた問題」...という個別の問題ではなく「昨年に引き続き、今年も同じ問題が起きてしまい、選手がもやもやしている点」だ。

UTMFほどのレースとなれば、様々な問題・課題が起きるのは当たり前。再発もあるだろう。

この点で、本部がどういった課題を把握していて、優先度付けしていて、どう解消しようとしているのかがブラックボックスなのが惜しいと思っており、これを解消したい。
焼きそば問題も当然手を打っていたと思うが(参加したとある事前イベントで、実行委員の方からその発言があった)、外からはどのような対策が取られていたのか見えないので、改善提案しようがない。

今時のスタートアップ企業を例に挙げると、企業経営における情報のオープン化を選択する企業が増えてきている。以前は従業員や利害関係者への開示など考えられなかったような機密性の高い情報も、積極的な状況共有や開示を行い、結果的にこういった企業は投資家や従業員からも熱烈に支持されている。
これは利害関係者を巻き込んで風通しを良くするばかりではなく、解決策の収集にも役に立つ。

UTMFほどの大会となれば、大会終了の一ヶ月後あたりで振り返りフォーラムを開催(ネット中継あり)、今大会で起きた課題の共有や、今決めている解決策、まだ解決策が見つかっていないものはどれか、再発リスクがあるものはどれかなどを情報開示するのは、やはり風通しの面でも、より良い具体的解決策を見つけて適用してゆく点でも、有効に思える。

この取り組みが本部主導で実現しづらい(コストやリソースの問題で)なら、ユーザーフォーラムというやり方があると思う。

ただし野良フォーラムではなくて、本部側がその存在意義を理解したうえで、支援していること。

10名程度の委員会を中心に、参加者との意見交換の場の準備・整備、意見の集約、本部への報告、本部の意志決定事項のフィードバックを行う。組織化されていて、きちんと運営されているのは当たり前、次年度・将来に向けた参加者の目線での意見を集約し、本部と課題共有、参加者への伝達ができる、本部からは切り離された関連組織だ。

このような例として身近なのものには、学園と父母の会などがある。父母の会は学園の運営を直接補助する役割を担いながらも、父母や子供達の目線での意見をまとめて、学園と対等に協議ができる立ち位置にある。

リアルなフォーラム開催も年1, 2回はやりつつ、オンライン上にもオープンなディスカッションの場を用意しておく。ZenDeskあたりのツールが妥当そうだ。

トレイルランニングには、関わっているみんなで、レース、そしてこのスポーツ自体を良くしていこうというオープンで協力的な文化があって欲しい。トレイルランニングの精神性としてそう宣言されても、違和感のない考え方ではないかと思う。

(余談) なおせっかくいい話でまとめたのに些末な愚痴だが、個人的には、メダリストがエイドでファストウォーターを提供しなかった点については引っかかっているので敢えて言いたい。提供する気がなかったなら、エイドでの供給予定資料への記載を申告しないでもらいたかった。アテにして計画を立てていたので。メダリスト関係者なら、供給できない(しない?)ことをレース前に分かっていたはず。しかし選手にはアナウンスされなかった。本部に通達していたかが知りたいところだ。

3. 最後に

選手やサポート、ボランティアなどで直接参加していない方には伝わりづらいところだが、UTMFはトレイルランナーであれば、参加してみる価値のある大会だとつくづく感じた。

参加する前は、100マイルという距離におびえていたのだが、振り返ると辛さなど記憶にない。ただただ、楽しかった。ずっと走っていたかった。ゴールしたかった。途中から膝裏が痛くなったのは、情けなくて悔しかった。

リアルやSNSでつながっている友人達、トレイルの意外な場所や農道・車道からの声援、ボランティアの皆さんによる、文字通り無償の支援や応援に、無限に力が沸いてきた。本当に嬉しかったです。ありがとうございました。来年こそは、28時間位内の完走で応えます。

いつまでもUTMFのような優れた体験を残したい。ひとりでも多くのトレイルランナーに、完走してもらいたいと思う(※含む自分w)。そして、リスペクトされるレースであり続けて欲しい。

鏑木さんからのメッセージは、走りながらハッと気づき、運良く拾えたので、共有しておきます。70km地点にありました。

そう、楽しくなければトレイルランニングじゃない!

f:id:nuichi:20190509144718j:plain

UTMF 2019 の装備【必携品を含むウェア・シューズ・バッグ・ギア】

f:id:nuichi:20190414212037j:plainf:id:nuichi:20190414211954j:plain


UTMF 2019 まであと二週間を切りました!

このウルトラ・ロングディスタンスを確実に完走するためには、これまでより一段高い装備戦略が必要と、以前から考えていました。それこそ、UTMF当選前から。

ギアの云々より何より、フィジカルとマインド。とは理解していますが、その上で自分は、レース中のストレスを下げ、楽しみ、気持ちよくフィニッシュするために、なるべく良質なギアを選択したいと考えています。

一通り揃えられたので、パッキングと最終的な重さを確認します。

ウェア類

f:id:nuichi:20190414215938j:plain

  1. 耳まで隠れる保温用帽子:adidas ランニングフリースキャップ
  2. レインジャケット/ウィンドウシェル:TNF / ストライクトレイルフーディ
  3. トップス:FRANK & MORRIS ノースリーブ
  4. シューズ:Columbia Montrail / Caldorado III
  5. ソックス:Drymax トレイルランニング ターンダウン
  6. バックパック:paagoworks / RUSH UT
  7. グローブ類
  8. ゼッケンホルダー:NATHAN / ゼッケンホルダー
  9. ショーツSALOMON / TRAIL RUNNER TWINSKIN SHORT
  10. ミッドレイヤー:patagonia / キャプリーン・サーマルウェイト
  11. レインパンツ:Teton Bros. / ブレスパンツ
  12. 下半身の保温着:mont-bell / Zeo-Line L.W. レッグウォーマー

セレクトポイント

トレイルランニングのアイテムには優れた品質のものが多く、各ブランドの先端技術と知恵の結晶にはいつも驚かされます。

また、それらを吟味して店頭に並べてくれている良質なセレクトショップには本当に感謝です。

今回、以下の二点は特に重視しました。

  • 使い慣れていること
  • 軽さ

当日の天候次第で、フレキシブルに別のアイテムにチェンジできるようにも気を遣っています。

2. レインジャケット/ウィンドウシェル:TNF / ストライクトレイルフーディ

ストライクトレイルフーディのように、レインウェアとウィンドウシェルを兼ねられるジャケットはすごく助かります。

加えて気に入っているのが、次の四点。

  • フードが不要な時は中に折り込んで、スタンドカラーに出来る。フードの出番は少ないので、この仕立てはいいアイデア
  • 十分に高い透湿性。40,000g/㎡/24hr 以上
  • 110g という軽量さ
  • パッカブル

f:id:nuichi:20190414183548j:plain

最近ザックの上から背負えるモデルも発売されましたが、自分はこまめにザックのポケットにアクセスするイメージがあるので、今回はこの普通のモデルで。

ただ、強い雨天時は限界があるなと。小雨ならこれだけで。降り続けるなら別のレインジャケットも持ちます。

4. シューズ:Columbia Montrail / Caldorado III

シューズは Columbia Montrail 以外にはまだしっくりくるものに出会っていないので、今回冒険はしません。

年末にUTMF用にと考えて、マウンテンマゾヒストIVを調達したんだけど、どうも固い。全体的に作りががっしりしていて、屈曲性がほぼない。「固めのズック」を履かされている感じがあって、走り続けても疲労感が大きかった。

ここ数年の相棒だった、ボロめのカルドラドIIに足を通すと、フィット感が良すぎる。カルドラドはランシューの延長線上にあって、欠点が少ない。

しかし発売中のカルドラドIIIはカラーがいまいち好きになれず、このままカルドラドIIで行くかなー、と思っていた矢先に、3月にニューカラー登場(写真のもの)。こっちは好みだったので購入。

今回、カルドラドIIは、前半使います。それが引退式。
デポバッグにカルドラドIIIを入れておいて、後半からは世代交代です。

カルドラドIIIについても、もう100km以上走り、雨天時のフィット感も確認済み。しっくりきています。

5. ソックス:Drymax トレイルランニング ターンダウン

ランニングソックスについては宗教論的なところもあるけど、自分はトレイルは Drymax。

レースでも練習でも、多少汗ばんでもしばらくするとドライに。この靴下、シリカゲルでも配合されてんじゃないか?と思ってる。とりわけ、雨天時は心強い。

ただ、同じ Drymax でも Light の方はそこまでではないと感じていて。ランニング用のローカットもさほど良く感じない。良いと感じているのは、この一番厚みのあるモデルだけです。

今回二足用意したので、デポバッグ地点で交換します。

なお自分はマメが出来る箇所には事前にテーピングすることで、マメを作らないようにしています。

6. バックパック:paagoworks / RUSH UT

メルカリに45,000円で出品している人もいますね...そこまでの価値があるかは何とも分からないけど、この一年間付き合ってきて、完全に身体に馴染んでいます。自分にとってはパーフェクトなザックのひとつです。

春に出た新作 rush 12L もチェックしたけど、ベスト型の UT 一択です。

容量は10L(本体8L + ポケット2L)、重さは約300g。なお今回紹介のギアは全て、ばっちりパッキング出来たうえでまだ余裕あり。

7. グローブ類

過去に100mileを何度も完走している腰越浩二さんの言うように、グローブはシチュエーションに応じて使い分けたく、今回は4種類(+グローブなし)で。

  • SALOMON フィンガーレス グローブはド定番。こちらは手を使う必要がある山中で。
  • ロードも長いUTMF。肌寒さを感じる時の普段使いは Answer 4 / Globe。指先が切れているのってスマホ操作便利だな、というぐらいにしか考えていなかったんだけど、RBRGの店員さんに「ジェルを開ける時にグローブを汚さない」と聞いて、なるほど!と。
    このグローブは裏地がパワーグリッドになっているのに、保温性と風抜けのバランスがちょうどよいのがすごいところ。
  • UNDER ARMOUR コンバーチブルグローブは、夜用。冬場のランで活躍してきた。凍えるように寒いときは、ミトンスタイルにトランスフォームすると、寒さをよりしのげる。
  • extrimities のミトングローブは雨用。軽量・コンパクト。今回出番はないかもだが、万が一凍えるような寒さになった時にも使いたい。

8. ゼッケンホルダー:NATHAN / ゼッケンホルダー

元々ゼッケンホルダーは持っていて、これまでもトレイルレースでは使っていました。持っているのは、Amazon で安かった適当なやつ。

重量測ってみると70g。一度も使ったことのないポーチや、大型のバックルが無駄に重い気が。

一方、このNATHANのゼッケンホルダーはわずか17g。腰巻きのゼッケンホルダーとしては最軽量かと。

作りは極めてシンプルで、それがいい。

自分はネットのショップで買って取り寄せたけど、これも RBRG が取り扱っていることに最近気づいた...。さすがだ。

9. ショーツ:SALOMON / TRAIL RUNNER TWINSKIN SHORT

レースで履き慣れた Mountain Hardware の股浅ショートパンツで行くつもりだったんだけど、3月に普段使い用のランパンを探していて出会ったこちらをセレクト。

利点はコンプレッションが弱めのタイツと一体型なところ。股ずれが起きない!ウエスト周りもゆるめに作られていて、ノーストレス。

10. ミッドレイヤー:patagonia / キャプリーン・サーマルウェイト

良いものを持っていなくて今回調達。パワーグリッドの製品はまだ見つかる時期だけど、

  • フードいらない
  • 軽量であること
  • (目的から)十分な保温性

を考慮して、TNFやSALOMON、Answer4 などと比較検討し、patagonia キャプリーン・サーマルウェイトに落ち着いた。

こちらも RBRG が扱っていたのだが、買いに行ったらもう売り切れていて、しまったーと。

しかし、patagonia 正規店で相談したら、他店から取り寄せてくれました。感謝。

11. Teton Bros. / ブレスパンツ

何度雨の中で履いても優秀すぎる。完全な防水性と、高い透湿性、ストレスのない足さばき。

OMM Halo Pants (81g) やTNFストライクトレイルパンツ (110g) と比較すると重量は 178g とややあるけど、 二度の夜で使うことになりそうなので、機能性と履き慣れている点でこちらをセレクト。

12. mont-bell / Zeo-Line L.W. レッグウォーマー

DOPANさんに教えてもらった、レギュレーションをクリアしている下半身の保温着。

お気に入りの TRIMTEX Trainer TX Pants を持って行きたい気持ちは山々なんだけど、235g なうえにかさばってしまう。一方、ジオラインはわずか70g。夜だけこっそり、人に見られないように履こうと思う。

重量

ウェア類は計1202g (※バックパック&背に背負うものだけに限り)。いい感じ。

ギア等

f:id:nuichi:20190414140202j:plain

  1. ヘッドライト1:LEDLENSER / MH10

  2. ヘッドライト2:Black Diamond / SPOT

  3. 点滅ライト:Nathan / StrobeLight (IPX3)

  4. モバイルバッテリー:maxell 2600mAh

  5. Garmin 935

  6. ファーストエイドキット

  7. 150cc以上の携帯コップ

  8. ソフトフラスコ:SALOMON, NATHAN

セレクトポイント

1. ヘッドライト1:LEDLENSER / MH10

以前のブログ記事でも紹介しているのですが、今回も頼れるこのライト。基本、これだけを使います。
最近発売された後継機種のH8Rもいいですね。ただ、急いで買い換えたいほどの差はないなと。

2. ヘッドライト2:Black Diamond / SPOT

レギュレーションクリアのためにもう一つヘッドライト持つけど、使わない予定。

3. 点滅ライト:Nathan / StrobeLight (IPX3)

IPX3とはいえ、さほど防水性はないので要注意。雨が降り続ける夜は、故障覚悟で使うしかない。

4. モバイルバッテリー:maxell 2600mAh

これまでレースで持っていたのは Anker / モバイルバッテリー 5000mAh で、これは容量的には安心感があるんだけど、重量を感じる。134g。

ずっと軽量のモバイルバッテリーを探していたんだけど、日本メーカー製の信頼できそうなものだとこれがあった。重さは80g。

ただし2600mAhは、スマホ一回分しか充電できない。スマホ、ガーミン、ヘッドライトの充電で使うので、どれも節約しながら使う。

5. Garmin 935

下記の取説のアドバイス通りに省電力設定。ただし、UltraTrac は精度が落ちすぎるので使わないのと、光学式心拍計はさすがに使う。

f:id:nuichi:20190414210022j:plain

6. ファーストエイドキット

去年A1でブヨに刺された人の話を読むと、ポイズンリムーバーも必須。

経験上使わないかもだけど、何が起きるか分からないので Protect J1 も念のため忍ばせておく。

人工呼吸で使う医療用具も持って行きます。さすがに使わないとは思うけども、いざという時の人命救助用。

7. 150cc以上の携帯コップ

先日 TNF主催のUTMF対策イベント vol.1 に出たら、こんなにいいものが参加賞でもらえた。たためるのにコップの縁は固めで、飲みやすい。

重量

ギア類は合計634g。

これで食料と水を持つと、背中はギリ4kg切ってるぐらいかな。最近体重を -1kg 減らせたので、そこも今回工夫したポイント。

運動時に消費するカロリーは、自分の体重じゃなくて、自分が支える質量によって決まるので、荷が軽いに越したことはない。

ギアは軽く、減らした分、食料を十分に持つのが今回のウルトラ・ディスタンス攻略作戦です。

後はレース当日に、天候を踏まえて小アップデートをするぐらいにします。

参考

UTMF 2019 試走 A7山中湖きらら to A9富士吉田

今回も先にまとめです。

■A7山中湖きらら to A8二十曲峠 まとめ

  • 軽視しないこと。杓子山・A9富士吉田までの中継点というほど優しくない
  • そこそこ走っても3時間掛かる。本番は夜パートであること且つ+127kmの疲労を考慮
  • 途中の追加補給は一切出来ない。十分な食料と水分を持って挑もう

■A8二十曲峠 to A9富士吉田 まとめ

  • ネガティブにならない!
    • なんて斜度の坂だ
      よっしゃロープで脚温存、助かる
    • こんな岩場続き、もう無理、嫌だ
      プチクライミングパート、楽しもう
    • このピークも違うのか、もううんざり
      何度でも来い、負けない!
  • あの鐘を鳴らすのは、あなた。

UTMF 最難関パート試走に向けて

前々回は天子山地、前回はA5勝山 to A7山中湖きららを試走したが、これらは試走の準備運動の位置づけで、本命がこのA7山中湖きららから先。127kmからUTMFは始まると聞いている。

A7からの試走でゴール地点まで行く人も多いが、自分は明日開催の奥三河パワートレイルへ駆けつける必要があるので、早朝から走ってA9で切り上げる計画。

...のはずが、朝から中央道事故渋滞。かなり日が昇った時間帯からのスタートとなる...

試走開始 - A7山中湖きらら to A8二十曲峠

富士山駅に車を止めさせてもらう。なお、富士山駅の駐車場はかなり広い。今回も駐車場はスカスカ。UTMF試走は毎度、駐車場で困らない。

三番乗り場からの緑のバス(F、ふじっ湖号)で山中湖 平野へ。なかなか遠く、1時間ぐらい掛けて到着。

f:id:nuichi:20190408125712j:plain

平野の観光案内所には綺麗すぎるトイレ。自販機併設。

f:id:nuichi:20190408130047j:plain

更に、すぐ近くにセブンイレブン。必要ならここで最終準備を。山中湖きららにも自販機はあるけど、食料は補充できないので。

5分ほどジョグって、山中湖きららに移動。今日も快晴!

f:id:nuichi:20190408173124j:plain

10:00、試走スタート!まずはパノラマ台を目指す。

f:id:nuichi:20190408184132j:plain f:id:nuichi:20190408184153j:plain

最初からフカフカなトレイル、嬉しい。

f:id:nuichi:20190408184227j:plain

10分程度でパノラマ台に到着。素晴らしい景色を拝めたが、ここは通過点。すすきが生い茂る、荒涼とした登山道を登っていく。

f:id:nuichi:20190408184325j:plain

真っ正面の登山道は、大きい階段で脚を使ってしまう。お好みで、向かって右側の段差のない細い登山道を使うとラク。すすきが痛いところは避けて。

10:35、標高1291メートルの明神山頂に到着、絶景!

f:id:nuichi:20190408184440j:plain

夜は素晴らしい夜景だろうな。

ここから、下りトレイルスタート!
平坦だったり、適度な登り下り。最高に楽しいトレイルが続く。

11:10、高指山獲ったど!

f:id:nuichi:20190408184531j:plain

山伏峠に向かってゆきます。

f:id:nuichi:20190408184723j:plain

起伏のあるトレイルを気持ちよく走って...

11:35、山伏峠に到着!

f:id:nuichi:20190408184849j:plain

ふむ。舗装路まで下るのかと思ったら、トレイル中なのか。引き続き起伏ありのトレイルを、ちょっとだけロストしつつも進むと...

f:id:nuichi:20190408185037j:plain

あ、あれ?また山伏峠という名の場所が。まぁ深くは気にしないでおこう。

f:id:nuichi:20190408185117j:plain

なかなか石割山が遠いが、登山道のド真ん中に鎮座する、Y字に折れた木を過ぎて少し行くと...

f:id:nuichi:20190408185231j:plain

12:40、石割山に到着!

f:id:nuichi:20190408185507j:plain f:id:nuichi:20190408185442j:plain

ここまで来たら二十曲峠は近い。
しかしここからちょっと迷った。GPSナビに従い、登山道っぽくない右側斜面を降りていったが、正解が分からないw

f:id:nuichi:20190408185640j:plain 石割山からの道なき道

下り続けて、鉄塔の横をくぐり、更に下り続けてまた少し登ってを繰り返し...

12:55、約3時間で二十曲峠に到着!

f:id:nuichi:20190408190107j:plain ...抜けた!

f:id:nuichi:20190408190254j:plain

明神山頂以降の数え切れないアップダウンと、食料と水が限られているぞというプレッシャーで、精神的にも肉体的にも結構な疲労度。

この13kmは、

  • 約3時間
  • 12'10"/km で進行。走れる下りと平坦な箇所は走ってます
  • 水 300cc 消費...あかん、結構摂ってたつもりが全然...

二十曲峠には公共トイレあり。ということは水も飲めたかもだが、確認忘れ。。

■UTMFエイド物語 A8二十曲峠

www.youtube.com

すでに共有されているエイドステーションの提供内容の通りで、ここにはさほどがっつりした食料は用意されていない点、要注意。

A8二十曲峠から杓子山、そしてA9富士吉田へ

昨年はレース中に、A7山中湖きららからA9富士吉田の間に熊出現 の緊急注意SMS報があったとのこと。確かに出そうな雰囲気。熊鈴鳴らしながら進むことにする。

ぐんぐん登らされる。

f:id:nuichi:20190409103730j:plain

いい感じのデザインの熊出没注意看板。

f:id:nuichi:20190409103827j:plain

13:35 立ノ塚峠!

f:id:nuichi:20190409103654j:plain

さーー、ここから杓子山アタック開始!

写真では斜度がうまく伝わらないけど、あきらかにこれまで以上。

f:id:nuichi:20190409103918j:plain

ロープを使わないとしんどい・危険な坂が出始める。ハンドライトの出番はなさそうだ。

f:id:nuichi:20190409104100j:plain

UTMFはストック使えないわけなので、腕で登れる坂はむしろ好都合と捉える。
道に落としてあるロープは特にありがたい。またいで、腕で身体を引き上げてゆく。力強く、スイスイ行ける!

岩場も出てくる。いい情景だ。

f:id:nuichi:20190409104111j:plain

切り立っているので、手の置き場・足の置き場は慎重に選ぶ。下りじゃなくて登りでよかった。
本格的なロッククライミングに比べれば、プチって感じなわけで。ひとつずつ、達成感を得ながらクリアしてゆく。

時々素晴らしいパノラマが開ける。吸い込まれそうだ。自分は高所恐怖症なので、眺めていると脚が震える。

f:id:nuichi:20190409104509j:plain

昼なこともあって、常にピークは視界内にある。登って、登って...

f:id:nuichi:20190409104224j:plain

着いた!ここが杓子山か?!

f:id:nuichi:20190409104317j:plain

いや、違う、何もない。しかし、しょげない。必ずこの先にある、辿り着けると自分に言い聞かせて、進む。

開けた岩場。よく見ると、遠くに山中湖と、すすきの間を歩いた明神山が見える。

f:id:nuichi:20190409104730j:plain

すごい、ほんの数時間前にはあんなに遠いところにいたんだなと、我ながら感心する。

ん!進行方向へ目を凝らすと鐘のある丘...あれだ、間違いない!アップダウンを何度か繰り返し...

14:40 杓子山、ついに獲ったどーー!!

youtu.be

本番では、この地点で144km。標高1598mは、レース中の最高到達標高でもある。

静かだ。風の音と、自分の息づかいしか聞こえない。

f:id:nuichi:20190409105809j:plain

この天空の鐘に会いたかったんだ、鳴らしてみたかったんだ。
もちろん、鳴らしてみた。音、でかw

レース当日、まだここを目指して一歩ずつ進んでいるランナーにとって、この鐘の音は希望になるだろう。当日は必ずもう一度ここに立って、鐘を鳴らし、後続のランナーを鼓舞したい。

下りの分岐は間違えないように。看板のある方じゃなくて、右側へ。

後は下り基調なのだが、時々また登らされる。とはいえ、ここまでにやっつけてきた激登りほどではない。

なかなか杓子山から抜けなくてもどかしいが、40分ほど走ってようやく砂利の下りに変化。

f:id:nuichi:20190409110050j:plain

不動湯を横目に見て、当日はひとっぷろ浴びたろか!と独りごちながらどんどん降りてゆく。

ようやっと里に。ほっ。しばらく走ると、自販機がちらほら出現。ほっ。

16:10 A9富士吉田へ。ここに辿り着いた時は、感無量だろうなぁ。この先の霜山1302mも、恐ろしいけど。

f:id:nuichi:20190409110128j:plain

■UTMFエイド物語 A9富士吉田

www.youtube.com ワインレッドの帽子のおばちゃん達に、必ず会いたい

この13kmは、

  • 約3時間
  • 12'35"/km で進行
  • 水 400cc 消費。当然もっと摂った方がいい。ただ、当日は夜なので水の消費量は少なそう。食料は再考。

A7-A9は、長かった。水や食料が限られているというプレッシャーが、疲労感を倍増させていた気がする。 ドロップバッグに、このパート用の食料を忍ばせておこうと思う。

杓子山までは、いわゆる「折られる」場面が多いのは否定できない。しかし、そのストレスが更に疲労感を倍増させる。

ネガティブに感じること自体が御法度。冒頭のまとめにも書いたが、辛さを楽しみに置き換えて進もう。

なお実行委員の三浦努さんのコースガイダンス会では、次の言葉が。

  • A9までたどりつければ完走はほぼ確定!

当日はこの言葉も口ずさみながら、進もうと思う。

後日譚

試走の翌々日、この記事を書きながらふと気づくと「あの鐘を鳴らすのはあなた」を口ずさんでいた。

この曲は昔から好きな曲の一つ。久しぶりに聞いてみると、なんと。この歌詞は杓子山を目指すシチュエーションにピッタリ!

あなたに逢えてよかった

あなたには希望の匂いがする

つまづいて 傷ついて 泣き叫んでも

さわやかな 希望の匂いがする

町は今 眠りの中

あの鐘を鳴らすのは あなた

人はみな 悩みの中

あの鐘を鳴らすのは あなた

作詞は大御所、阿久悠和田アキ子はもちろんのこと、カバーした徳永英明サンボマスターつるの剛士のバージョンも素晴らしい。

自分にとってのUTMF応援歌が決まりました。杓子山を攻めている時に、歌い続けたいと思う。

UTMF 2019 試走 A5勝山 to A7山中湖きらら

今回も先にまとめです。

■A5勝山-A6忍野 まとめ

  • ロード80%、ミニトレイル5%、山トレイル15%
  • 住宅地や市街地多し。道の駅もあり、補給不安なし
  • 忍草山アタックルートは未整備で荒れている。迷わないようGPSなどで確認しながら進もう

■A6忍野-A7山中湖きらら まとめ

  • 少しロードを走った後、山トレイルへ。突入前に自販機三つ
  • 山トレイルは、大平山・平尾山それぞれ歯ごたえあり
  • 山頂からの最高の景色を楽しもう

中盤パート試走に向けて

前回天子山地を試走できたので、残りは杓子山をやっつけておきたいところ。
しかしUTMF実行委員の三浦さんの話で、A6-A7間についても興味が。

  • 「サービスセクションに見えて実は後半に辛い小山あり」
  • 「走れるところ、走れないところが交互に出てくる」

気になる。前大会出走者のブログによれば、A5-A6の後半にも、あなどれない「忍びの山」があるらしい。

A7以降を試走する場合は、最低でもA9富士吉田までは行かなければならないが、A7-A9はそれだけで結構タフだろう。

A6やA5からスタートしてA9だと、自分にはちっと強度が高い。すでに一ヶ月前。極度の疲労は背負えない。辛いイメージで終わりたくない(大事)。

なので今回は、A5 to A9を分割することに。行程は順序よく辿る方がいいイメージ持てそうと思い、まずはA5-A7試走を実施する。

試走開始 - A5勝山 to A6忍野

AM8:10 道の駅かつやまに駐車させて頂く。なお、スカスカであった。
ここも当日のコースなのでちょうど良かった。時間帯も当日とほぼ同じ。

道の駅だけあって、トイレあり、自販機も豊富。里だし、かなり安心感をもって試走開始。

最高の快晴!
10分ほど走ると、A5勝山エイドになるであろう場所を通過。A5は2018年大会から、地元有志の方によって立ち上げられたエイドらしい。有難い限り。
YouTubeのUTMFエイド物語も観た。辿り着くのが楽しみだ。

■UTMFエイド物語 A5勝山

www.youtube.com

田園地帯のロードを走り続ける。昨年の RUN+TRAIL vol.29 のUTMF特集を事前に読み込んでいたので、雑誌で見た写真と風景が一致する箇所がいくつもあり、迷わなかった。

また今回は、自分で準備した試走コースナビを事前にGarminに入れておいた。

Garminのナビ+スマホGoogle Mapsの試走マップで、ルートは全く不安なし。Garminオフコースになると通知してくれるのが助かる。

ロード中心に、トレイルがあれば短くても走らせてくれる!嬉しい配慮、感謝。
二箇所のミニトレイルを抜けると、707号線、富士山資料館のあたりに出た。

後で振り返ると、ここで左に行くべきなのに、自分は右に行ってしまい、4-5km ロスト。。

結構しんどい道だったので、戻らずにオンコースできる場所へ向かう...30分ほどでコースに戻れた。
まぁ、当日は100mごとにマーカーもあるし、ミスりようもないでしょう。

10:10、道の駅富士吉田へ。道の駅だけあって、何でも補給できますね。ありがたい。

ちょうどA5-A6の中間ぐらいなのと、ここから山に入ってゆくので、必要なら補給しっかりしよう。

なんなら、 mont-bell ありますから。装備が不安な人は色々買い込んじゃったりね。

mont-bell のお店。物欲ががが

道の駅富士吉田からロードを進み、塩釜神社の少し前から山へ。舗装の登り道、砂利の林道登り、その後はオイオイっていう感じの未整備トレイルもしっかり登らされる。

11:10、忍草山を獲ったどー!

ここからは走れるトレイルと下りが。看板にも誘い文句。とはいえ、飛ばし過ぎないないようには気をつけよう...

20分ほどでA6忍野エイドへ。

ここまでで、

  • 24km(ロストもあって5km多く走ってしまった。。)
  • 3時間15分ほど
  • およそ8'00"/kmで進行(全く急いでいないペースで)
  • 水 500cc 消費

もちょっと水、飲んだ方が良かったな。昨年は抜き打ち必携品装備があったそうだけど、今年もこのエイドかな。

■UTMFエイド物語 A6忍野

www.youtube.com

A6忍野 to A7山中湖きらら

ここ、富士忍野高原トレイルレースに出た時のスタート/ゴール会場か!2016年6月に走りました。

懐かしいなぁ。コースも一部同じで嬉しくなる。
地元住民のおっちゃんに挨拶して「ゴールデンウィークは大勢で走らせてもらいますが、よろしくお願いします」と伝える。

素晴らしい天候!田や畑の間の舗装路を、正面に富士山を見据えながら走る。

しかし牛糞肥料がすごい区間があり、一気に瀕死状態に。当日もだろうか。。

トレイルヘッドへ近づいてゆく。直前に自販機三つあり、安心。

12:00、大平山へのアタックスタート。まずは大粒の砂利の林道を走り、

徐々に砂利は小粒となり、土のトレイルに変化。

何度も出てくる長い階段を登る。サイドは坂なので、うまく行き来して登る。

この辺りの看板に注意。「大平山まで45分」と出ていて、ひとつ階段を登り降りすると「大平山まで30分」という看板が出現。お、俺の進行ペース速い?とニヤけて少し進むと、すぐに「大平山まで20分」の看板が。これはもう間もなく着いちゃうなぁ^^ と油断していると、ここからは20分かそれ以上ぐらい掛かる、長い登り。。看板の適当さよ。。

12:50 大平山、獲ったどー!最高の景色!

平野・石割方面へ向かってゆく。

13:10 平尾山、獲ったどー!20分で着いたけど、結構登らされたな。

ここからは最高に走りやすい下りのトレイル!走れるところは走らなきゃ損。

下り終えると市街地へ。すぐに自販機やセブンイレブンが。しかし寄り道する必要もなく...

13:35 山中湖きららに到着!

ここで127kmか...当日はゾンビになっていないことを願うのみ。

今日は人もあまりいないけど、YouTubeの映像では家族サポーターも多く大賑わいだった。当日楽しみ。

■UTMFエイド物語 A7山中湖きらら

www.youtube.com

この13kmは、

  • 2時間ほど
  • およそ8'45"/kmで進行(全く急いでいないペースで)
  • 水 400cc 消費

あかん、水分もっと摂ろう。

この区間についての実行委員三浦さんからの助言は次の通りだった。

  • 「A7で余裕があれば完走確実!」
  • 「ゆっくり休養すること。A8二十曲は小さいエイドなので」
  • 「仮眠、マッサージ。ゴッドハンドがいたりする!ここから14〜15時間掛かるんだから、しっかり回復」

肝に命じておこう。

今回はここまで。スタート地点の道の駅かつやまへ戻るべく、旭日丘バスターミナルまで4kmほど更に走った。

バスで富士山駅経由、河口湖駅へ。
河口湖駅には、道の駅的な施設が併設されていた。しばらく待ち時間があったので、昼飯。家族への土産もゲット。
その後、西湖方面行きのバスに乗り、スタート地点の道の駅かつやまに到着。

総じて言うと、トレイルランナーのロード力が試される区間。そして抑えて走って、A7から始まる真のUTMFスタートに備えるべし。

UTMF 2019 試走 天子山地

最初からいきなりまとめです。

■天子山地試走まとめ

  • トップ選手以外は夕方〜夜に天子山地へ突入。気温注意(好天且つ真夜中にならなければ、そこまで寒くはないと読む)
  • 4時間は山中にいる想定。A1富士宮、あるいは白糸の滝の側のファミリーマートできっちり準備
  • 熊🐻います。出来れば一人で行かず、グループで行くこと。熊鈴必須
  • 序盤戦につき、とにかく脚を温存。特に、山から抜けた後の舗装林道で走りすぎないこと
  • 山を下りてからしばらくコンビニなどはない。自販機はちらほら出現

天子山地へ

UTMFに向けては二箇所、天子山地と杓子山だけはどうしても試走しておきたいと考えていた箇所。 今年も昨年同様序盤パートではあるが、

  1. 夕方〜夜間走になること
  2. 天子ヶ岳、長者ヶ岳、天狗岳、熊森山といった4回のピーク

を踏まえると、どの程度の難易度か身をもって知っておきたいところ。 辛いパートも、試走で知っていれば気持ちが全然違うので。

タイミングはレース5週間前の3月21日。天候は雨模様の予報だったので、しめたもの。悪天候を経験しておければ、当日晴れならややイージーなはず。 ちょうど、雨用装備も山で最終チェックしたかったところなので、おあつらえ向き。

これまで富士周辺を練習で走った経験がなく、UTMFについては試走計画にも手こずる。 特に、試走禁止区間については注意が必要。下記ページの禁止区間にモロかぶり。

https://www.ultratrailmtfuji.com/racers/course/

  1. スタート富士山こどもの国~ A1富士宮〜天子ケ岳登山道入口
  2. 熊森山〜林道湯の奥猪之頭線(*試走時の下山ルートは試走マップを参照下さい。)

え。天子ケ岳登山道入口を経由せずに、天子山地に入れるの? 一方、同ページに掲載されているPDFには、

f:id:nuichi:20190403172423p:plain

うーん、ご丁寧に、ここからどうぞと書いてあるw これに従い、白糸の滝の有料駐車場に止めてから迷惑掛けない感じで「移動」する分にはいいのかな。

下山時については、

f:id:nuichi:20190403172443p:plain

ふむ、熊森山からトンネル横にね。了解しました!

試走開始

AM8:30、白糸の滝有料駐車場に到着。なお、スカスカ。わずか100mのところにファミリーマートあり。ありがたや...ここで何でも仕入れられますね。

AM8:40、試走開始。すでに雨が降っており、上下レインウェアに身を包んで。しばらく、自分の生まれ故郷のような田舎の舗装路を走った後...

AM9:00、天子ヶ岳登山道入り口へ到着。

きつすぎない斜度のトレイルを登り始めます。

何が書いてあるか読めない看板。

テクニカルな登りもあり。

悪天候もあり、ハイカーもランナーも誰ひとりおらず。静かに山と対話しながら登る。

登りの格好の練習場。ハムストリングと臀筋を使って登る。大腿四頭筋は使わない。腰は折らずに、身体全体を斜めにして重心を前へ。重心の真下に接地。これを淡々と繰り返す。
脚の張りが出てきたら、迷わず止まって少し休んでほぐす。
心拍はゾーン3を維持。

登るにつれて、天候は悪化の一途。時々強風も。こういう荒れた天候、なんか奮い立たされるものがあって、全然嫌いじゃない。

今回は補給の練習も兼ねている。
TNFの完走応援イベントに参加して知ったのだが、水分は一度に60cc-100ccぐらいしか身体に吸収されないらしい。なので、がぶ飲みせずにこまめに補給。

補給食については、空腹感があればお手製トレイル餅やグミを。空腹感がなければジェルを、少なくとも必ず1時間サイクルで補給。
45分がいい、という説もあるけど、疲れてくると時間の計算が分からなくなるので、自分は1時間目安で、柔軟に。

10:20、天子ヶ岳を獲ったどー!

展望台も一応見てみるが、今日の天候では何も見えずw

長者ヶ岳へは少し走れる!が、目と鼻の先で、5分ほどで着いてしまう。

長者ヶ岳からは間違って右の田貫湖には降りずに、左へゆくこと。ロストした方のブログを事前に見ておいて良かった。これは間違えそう。

このあたりから、熊のフンが出てきてちょっとビビる。登山道にドドン。何度も出てくる。いかにも「この道はオレの道だ」と主張しているようだった。 熊鈴を鳴らし続けながら進行する。

11:30、天狗岳。長者ヶ岳からは距離もあり、最後に登りもあった。ここでくじけないようにしよう。

鉄塔をくぐって...

熊森山へ進行してゆく。途中からロープを使った登りも出てきて、なかなかハード。
当日この辺りが40kmちょっと手前か、しんどそうw

更に熊のフンが。何度も出てくる...くわばらくわばら...

12:20、熊森山山頂獲ったどー!!

頂上は寒いし、まだ残雪が。アイスバーンになっていて危険。

この後は激下りへ。手・ロープ・木の枝を使って慎重に下るが、これは夜だと危ないだろうなー。熊森山山頂でハンドライトはしまっておいて、ヘッドライトだけでうまく降りねば。

15分ほど進行して、雪見峠の看板が。
このあたりで、自分のiPhone X が壊れ始める...4時間雨に打たれ続けたせいか!ショック。
猪之頭峠まで進んでから、超・激下りを降りて、舗装林道へ出られた。

のだが、後で振り返ると、ここが試走禁止区間だった...?
試走マップとGoogle Mapsの試走用地図を穴が空くほど見ても、いまだにどう行けば正解だったのか分からない...間違っていたようなら本当にすみません...

舗装林道は、誰もが飛ばしたくなるような絶妙な斜度の下り。しかしこれをノーダメージで走れるなら行った方がいいけど、自分は無理なので、こまめに歩いたり走ったりする。

もうiPhoneがまったく機能しなくなってしまった!迷いながらどんどん里に下りてゆき、バス停を発見。ほっと一息ついたが、時刻表を見るとあまりにもバスがないw
致し方なく、住民の方に聞きながらロードを白糸の滝まで5km程走って帰ることにした。

この里のあたりでは自販機に出会えるが、入山からそこまでの食料と水は全て自分で持っておく必要あり。水場があるようなブログも読んだ気がするんだけどな?見つけられず。

消費した水は900ccぐらい。少ない、もっと飲んだ方が良かったか。まぁ、寒かったからな。

本番はスタート時に+25kmぐらいだとすると、どこまで元気に登れるかな。

次の試走は杓子山、待ってろよ〜

※帰りに白糸の滝、見学推奨。すごいです^^

第六回スリーピークス八ヶ岳トレイル38k 完走記

f:id:nuichi:20180614233219j:plain

2018年6月10日に開催された、第六回スリーピークス八ヶ岳トレイルレース One Pack Line 38k に参加してきました。
結果は6時間24分、男子総合70位(250人中)。

ここ一年、レースは出場数を重ねるごとに距離を伸ばし続けてきたので、自身久しぶりのショートレンジ。

来年エントリーを考えている人や、エントリー後の攻略を考えている人向けに完走記としてまとめています。
そのどちらにも該当しない方は、特に面白いブログ記事ではないかもなので悪しからず。 

スリーピークス八ヶ岳とは

今年も One Pack Line 38k と Attack Line 24k、どちらも瞬く間にエントリーが埋まってしまったようだ。
人気の理由をあれこれと列挙することは出来るけど、つまるところこのレースの魅力は、

  • 松井さん・小山田さんを中心とした、レース立ち上げのドラマ。その余韻がまだ続いている

これについては、今回参加するなかで見つけた下記の記事が詳しいので、是非お読み頂きたい。

www.sportstour.jp

そして、

  • 類い希なる彼らのレースプロデュースセンス。HPから大会パンフ、参加賞、大会ブースのありとあらゆるところがいい感じ

この二つにあると思う。

レースを振り返ってみれば、優しいコースではなくどちらかといえばハード。完走率は高いけど、心折られそうな局面が何度か出てくる。

しかし、総48分岐箇所と3エイドでの運営スタッフによる絶え間ない応援が、自然と脚を、心を前へと進ませる。

レースが終わった後には、遅かろうが怪我をしようが、とにかくいい気持ちしか残っていないであろう至極のレース

例年、完走率は約95%程度。と考えると、怪我でやむを得ずリタイアした人が少数いた以外は、キツい局面も乗り越えて、ほとんどのランナーが完走したということだろう。

是非一度、走ってみてもらいたい。東京からは中央線で行けるし交通の便も良すぎ!

ただし38kのエントリー基準には、50km以上のレース完走経験者(または標高2500m以上の山への登山経験者)と掲げられている。まずはその走力・脚力を身につけてから挑もう。

ボランティア優先エントリーについて

自分は昨年、この大会に魅力を感じていながらも、存在を知ったときにはすでにエントリー終了済み。

しかしレースを教えてくれた師匠が、

 ボランティア参加すると次年度優先エントリー権利もらえるよ^^
 あとこのレースはボランティアも楽しいよ^^

と教えてくれた。

以前からレースへのボラ参加はやってみたかったので丁度良かった。ということですぐにボラエントリー。大会前日はボラ受付、当日はC1分岐誘導を担当した。
前日に公民館で繰り広げられるディープなボラ飲み会も楽しくて。すっかり満足して帰ってきた。

それから9ヶ月後の2018年3月、レース優先エントリー連絡メールが届いた。タイミング的なものもあってちょっと悩んだけども、今年は選手として楽しんでみるか!と、出走を踏ん切った。

余談ながらこの、ボランティア参加者への優先エントリー権付与というのはなかなかうまいシステムだなと思う。
ほとんどの大会ではボラスタッフの確保に苦労し、足りないことが多い。
一方スリーピークス八ヶ岳は、むしろボラ枠も人気。
すると、十分なボランティアを集めて、手厚く選手をフォローしたり応援できて、それがまた選手の満足度につながり... という好循環を生んでいる。他のレースであまり見かけないのが不思議なぐらい。

作戦

さてレースに挑むにあたり、まずは目標ゴールタイム

スリーピークス八ヶ岳では、入賞者以外はリザルトが公開されず、関門エイドごとのラップについては全く公開されていない。
このため、各関門エイドごとに何時を目指すべきか、ペース配分計画が立てられない。
関門時間を目安にしようかなと思ったが、どう見ても最初の関門が余裕がありすぎる。

事前に友人らからヒアリングしたところ、どうやら自分の場合は下記のようだ。

  • 7時間は必達目標
  • 6時間30分をクリア出来れば、結構いい感じ。友人らのレコードを超える

ペース配分はなんとも分からないが、平均走行ペースも見つつ、この時間を目標にゴールしたいな、ぐらいに緩めに設定。

次に、レース展開について

先日柴又100kmを走ったたまちゃんに教えてもらったWebサイトの「トレイルであっても心拍はイーブンペース」というメソッドに、確かになと思うところが。

同じ意味合いのことを、雑誌TRAIL RUN 2017-18 AUTUM/WINTER 号「“走れる体”のつくり方」において、宮﨑喜美乃さんも言っている。

f:id:nuichi:20180614233248j:plain

気持ち良く走り続けるには心拍の変動を減らすことが大切です。

今までの自分はというと、

  • 登る→心拍上がる→辛い!→ゆっくり歩く→ラクになってきたらペースアップ

こういうパターンだったのだが、雑だ笑 特に、『ラクになってきたらペースアップ』において、脚も心臓も休ませすぎていた感がある。

これらを踏まえて今回のレースで試してみるのは、

  • 登る→心拍上がる→辛いがLTまでは我慢し、LTに達したらなるべく維持→LTを超えそうになったら速やかにペースダウン。下がりすぎたらペースアップ

こんな感じで、なるべく心拍の上下差を一定の幅に収めることにする。

...なんかトレイルランナーっぽくなってきた!笑

前日の様子と選手説明会

f:id:nuichi:20180614233319j:plain メイン会場の三分一湧水館前広場

前日入りし、受付と選手説明会へ参加。

選手受付後は参加賞をもらう。
まず嬉しいのが、Klean Kanteen のスチールカップ。これ渋谷ヒカリエで1,000円で売ってるやつや...。今年はスリーピークスロゴが緑色。昨年は黒色でした。

instagram.com

実用的すぎるスチールカップ。これは去年の黒バージョンの写真

そして定番のレースTシャツ。今年は、TNFのポリエステル速乾Tシャツ。こちらも実用的なだけでなく、なんたってカタチとデザインがいい。 レース後にFacebookで共有されたけど、今回のデザインは小山田さんの手書きだったらしい。デザインセンスもあるなんて。

f:id:nuichi:20180614233758j:plain レース翌日、嬉しくて着て出社した絵

選手説明会までの空き時間に、スリーピークス八ヶ岳名物、マルシェをブラブラ物色。

エッジの効いたトレイル系ブランドショップがずらり。好きな人からしたら垂涎モノでしょう。Answer4、Hungernock、Mountain Martial Arts, Run Boys! Run Girls!、道がまっすぐなど。

メジャーブランドもすごい。HOUDINI、Adidas, ALTRA, SUUNTO, The North Face, Salomon, PaaGoWorks など。

モノが買えるだけでも嬉しいのに、特価品があったり、スタッフの方と色々話せたり、シューズ試し履きが出来たりするのがまた嬉しい。

そうこうしているうちに、選手説明会が開始。 松井さん、小山田さんによるショートコント 懇切丁寧なコース説明がたっぷり1時間超。

f:id:nuichi:20180614233832j:plain 名物コンビ

小山田さんの、

  • 「C3ヘリポート以降は、まるでUTMB。...行ったことないけど」
  • 「第二エイド過ぎてからハード。ここがスリーピークス」

この二つが印象に残った。

スタート〜第一エイド

明けて大会当日。38kの号砲はAM7:00。自分はかなり早く(一番?)会場入りしてしまった。AM6:00頃から徐々に選手が集まってくる。

AM6:30過ぎからは、ちゃんぷ練の並木さん石井道場の石井基善さんのマッスルコンビによる準備運動。
内容は綺麗過ぎるラジオ体操第一。からの本気のYMCA。みんな苦笑しつつも楽しみながら、準備運動完了。

AM7:00の10秒前から全員でカウントダウン、そしてレーススタート!

f:id:nuichi:20180616160712p:plain 配布されるパンフと公式マップには、この詳細地図が含まれていて便利

250人の38k出走者が一斉に飛び出す。スタート直後、三分一湧水館から公道に出るまでの間は沢山の方達が応援してくれていて、歓声に圧倒される。
中盤の集団には、よくあるレーススタート時のせめぎ合いや駆け引きはなく、みんな楽しそう。緩やかなロードの坂を登ってゆく。

ロード区間は最初の1kmあるかないかぐらい。すぐにオフロードへ。嬉しい!
とはいえシングルトラック。順序よく一列で。時々遅すぎる人がいたら、行儀良く一声掛けて右側から抜く。
最初の3kmは緩い登りとほぼ平坦。気持ちいいが、A12辺りから、編笠山へ向かうしっかりとした登りがはじまる。

自分はというとこの区間は、作戦通り LT心拍ちょい上を維持し続ける ことに集中。

  • 心拍155bpm前後をなるべく維持する
    • 2017年10月に横浜スポーツ医科学センターで測った正確なLT(2mmol)は145bpm。OBLA(4mmol)は165bpm。
    • 2018年3月の静岡マラソンでは平均心拍160bpmで走り続けて36kmぐらいまでは問題無く走れた。
    • そこからの自分の成長...

とか諸々を鑑みると、今回の38km、6時間30分〜7時間動きづつけるなら、155bpmぐらいは妥当か、やや攻め気な設定に思える。

160bpmぐらいになったら、迷わずペースダウン。
150bpm下回りそうになったら、登りでもペースアップ。早歩きか、または走る。

粘り強く繰り返していると、徐々にGarminを見なくても、感覚的に分かるようになってきた。
身体の状態はというと、肌寒い気温にも関わらず、ほどよく温まっていて冷えすぎず。これもいい感じ。

そんな風に自分を制御しながら、編笠山までの開けた登りを、みんなで隊列を乱さずに一心不乱に登り続ける。

f:id:nuichi:20180614234355j:plain この写真はちょっと違う場所なのだが、こんな雰囲気の贅沢シングルトラックを一列で登る

10km先の第一エイドへ到着したのはスタートから1時間15分後。関門はスタートから4時間なので、かなり余裕のあるペースだ。

事前にチープと聞いていたエイドだが、そんなことはなく、必要十分な品揃え。
アミノバリューを一杯、バナナを1/4カット頂き、500mlまでソフトフラスコを補充して、1分と掛けずにすぐ出発。
エイドを出た直後はしばらく、気持ちのいい下りが続いた後、C区間に入る分岐へ。

熊が出た!ハイタッチした後、標高2500m、本レース最高峰の三ツ頭分岐への、長い登りが始まる。

f:id:nuichi:20180615000502j:plain くま! Photo by http://trail38.com/result2018/?id=gallery

三ツ頭分岐〜第二エイドへ

f:id:nuichi:20180616160913p:plain

C区間のはじめは、昨年のボラで歩いた場所。懐かしくて、嬉しくて。あっという間に昨年分岐誘導を担当したC1分岐へ。今年の誘導スタッフと少し会話した後、どんどん先へ進む。

天候がよければ景色が最高なはずのC3ヘリポートは、今年は小雨でお預け。
その辺りから森林限界を超えてきて、岩肌の露出した登りへと変化する。斜度もきつくなってきて、手を使わなければ登れない場所もしばしば。
これがラストにあったらノックダウン!だが、幸いにもまだ14kmぐらいしか走っていないので、元気に前進できる。

とはいえ、極力脚を使わないこと。心拍は射程圏内を維持していること。この二点に集中していた。

C4からは特別環境保護地区エリア。一列走行遵守、無理な追い越しは禁止だ。見る限りみんなルールを守って前進していて、マナー違反者はいない。スリーピークス八ヶ岳を走るランナーは、皆紳士的。

C1からC2や、C4からC5三ツ頭分岐までは区間が距離が長くて辛さもあるが、分岐誘導スタッフが皆大声を張り上げて、ガラガラとカウベルを鳴らしてくれているので、それが聞こえてくると不思議と元気が湧いてくる。

ついに最高峰のC5三ツ頭分岐に辿り着くと、5人ぐらいのスタッフが応援してくれていた。標高2500mでこの天候、寒いのに!感謝しかない。

余韻に浸るのも束の間、切り返して、登ってきた以上に急な斜度での下りがはじまる。さすがにさほど走れないが、思いの他テンポよく下っていける。
途中で分岐に立っていた小山田さんに会った時には、マジでUTMBですねこれは、と伝えた。自分もUTMB、まだ知らないけども。

その後だんだんと走れる下りになってくるのだが、下りの苦手な人には辛い区間だろう。どうしてもスピードが出てしまう。しかし下手なブレーキを掛けると脚にくる。
自分はここ最近、下りの走り方が分かってきたところなので、積極的に走ってかなりの人を抜かせてもらった。
しかし、どうしてもこの長い下りでは心拍は上がらない...bpm140前後を推移してしまっていた。

第二エイド到着はスタートから3時間26分。500mlの水分がちょうど終わるところだったので危うかった。暑い天候だったら、水切れしていたと思う。
相変わらずエイドスタッフの方が親切で、自分の代わりにボトルに水を入れてくれたり。それに甘えつつ、その間自分はバナナやオレンジをパクつく。空腹はハンガーノックのサイン。そうならないよう、それなりに食べておく。
2分ほど滞在して、あまり休まずに出発。

心持ちとしては、大きな山場は超えたので、後は楽しいトレイルなのかな?と期待していたのだが、小山田さんが言っていた「第二エイド過ぎてからハード。ここがスリーピークス」これが待ち構えていた。

C10〜C19、鐘掛松の第三エイドへ

f:id:nuichi:20180616160941p:plain

第二エイドを出てしばらくすると、しんどい登りが待っていた。第二エイドまで飛ばし気味且つ、登りも下りもしっかりあったので、なかなかにタフ。

周囲に目をやると、みなしんどそう。アップダウンが何度か(いや何度も)続き、脚を削ってゆく。時々、ここまでに脚の温存に成功しているランナーが元気に追い越してゆき、感心させられる。

しんどいが、この区間でも分岐が近づくごとにスタッフの声援やカウベルが聞こえてきて、それが小目標となって、持ちこたえさせる。

登りでは抜かされ、下りで抜きかえす、というパターンが多くなってきた。
C区間は、スタートから三ツ頭分岐以上に長く長く感じる...終わらないのだ。なので、Cってそもそもいくつまであったっけ、20ぐらいまであった気がするな、あまり焦らずひとつずつクリアしていこう、という気持ちで前進する。

進行スピードが遅くなってきたことで、水分の枯渇が恐ろしいのだが、C17かC18か(忘れた)では分岐スタッフの私設エイドが。飲み物を準備してくれていて、九死に一生を得た。

長く感じるC区間がようやく終わると、しばらくは安心して走れるトレイルに。

f:id:nuichi:20180614234540j:plain 抜きつ抜かれつを幾度となく繰り返したタフなランナー

この写真のランナーは、何度抜いても抜き返してきたタフなランナー。「脚がつっちゃって」と言っていたのに。かなり長い間、お互い近い距離感でつかず離れず走っていたが、A18以降の南に降りる分岐以降、圧倒的に自分を突き放していった。すごい。

鐘掛松の第三エイドに到着できたのはスタートから5時間25分。かなり疲労していたので、しっかり水分も食料も補給する。
松井さんの予告通り、とても充実したエイド。ほぼ全部、少量ずつ頂いた。

f:id:nuichi:20180614234617j:plain 鐘掛松の第三エイド。アルトラがスポンサー。本当はもっと長居したい笑

鐘掛松から出発すると、しばらくは長めの砂利道。その後も走りやすい下りがずっと続く。
周囲のランナーはというと、みな最後の元気を振り絞って、力強く走っている。
途中で24kの最後尾ランナー達との合流が始まる。24kのゴール関門は17時までだから、彼らもゴールできそうだ。

各ランナー間の距離も拡がり、抜いたり抜かれたりということもあまりなくなってきて、レースが終わってしまうことを惜しみながら、スタート/ゴール地点の三分一湧水館へと辿り着けた。

振り返り

あらためて、チェックポイントの到着時間を振り返ると、

  1. 第一エイド 1時間15分(エイド滞在1分)
  2. 第二エイド 3時間26分(エイド滞在2分)
  3. 第三エイド 5時間25分(エイド滞在4分)
  4. ゴール 6時間24分

であった。周囲のランナーのペースとの主観的な比較だが、第二〜第三が弱かった。無論もっと攻めたかったところだが、力及ばず。
優勝は4時間0x分台。2017年の上田瑠偉君の3時間53分は凄すぎて別世界。。

長丁場のC区間の進み方について。
C区間は19まである。完走後に思ったが、この数を覚えておくと、次の目標を求めて多少は気が楽になるはず。

さて、心拍を一定に維持する作戦はうまくいったのか?

これについては二重丸◎、大成功といったところだろう。
三ツ頭分岐以降の下りで心拍が落ちて以降、パフォーマンスを落としてしまったのが悔やまれる。とはいえどう抵抗していいのか今は解がないが...ともあれ、今後のトレーニングでも意識して、どんなトレイルでも今回のようなペースコントロールで走れるようになりたい。

最後に。

今年も公式サイトのフォトギャラリーがアップされた。これを見れば、小生の下手なブログ記事を読む必要もなく、スリーピークス八ヶ岳トレイルレースの魅力が分かってくるだろう。

選手、運営側、スポンサー、応援者。関わったみんなの笑顔から、このレースの類い希なる魅力を感じ取ってもらいたい。

http://trail38.com/result2018/?id=gallery

自分はというと...過去の完走記で見た絶景写真に憧れて、天気のいい日にまたひとっ走り行ってくるかな、と思っています。

ハセツネCUP2018完走のために伝えたい、大事な三つのこと

f:id:nuichi:20180602111614j:plain

ハセツネCUP2018へエントリー成功した皆様、おめでとうございます!

レースまでは4ヶ月。時間はまだ十分。完走を目指して、トレーニングとギア準備を油断なく進めて頂きたい。

私は昨年のハセツネ2017に出場し、16時間以上も掛かったが、なんとか完走。
酷暑且つ湿度の高い日中、夕方からは霧が出て、夜は小雨という天候コンディション。全ての出走者がハセツネの厳しさを思い知った大会だったと思う。

ハセツネ完走のためのアドバイスはいくつもある。水分や食料の戦略、関門区間ごとのレース運び、シューズやレインウェアやバックパック...

それらは一旦、他の完走者の方の情報を探して頂くこととして、私からは昨年の経験を通じて、次の三つに絞ってお伝えしたい。

  1. ヘッドライト選びは慎重に
  2. トレッキングポールから力をもらおう
  3. 試走必須

本当に本当に大事なこの三点。私の失敗・成功体験が、少しでも完走の助力になれば幸いである。

1. ヘッドライト選びは慎重に

私のハセツネ最大の失敗は、ヘッドライトだった。

レース前、私はまだヘッドライトを持っていなかった。リサーチの後、購入したのは Black Diamond の SPOT。これを二つ購入した。一つは頭に、一つは腰に付けるため。

他のブランドでは、LEDLENSER、PETZL、GENTOS あたりも候補だったが、次の理由から、当時は SPOT で迷わなかった。

  • Run boys! Run girls! で取り扱っていた。この店が扱っているなら信頼できるギアだろうと考えた
  • 300ルーメン。すごい数値。かなり明るそう
  • Amazonのレビューでも高評価
  • 比較的リーズナブル。5,000円程度で購入できた
    • 腰のライトと言えば UltraSpire の Lumen 600 がフラッグシップ。トップランナーも採用している。しかし20,000円以上するし...

SPOT 入手後、近所の玉川上水沿いのプチトレイルで夜間走を試してみたが、これは十二分な明るさだな!と感じたものだ。

しかしハセツネ当日。想定外に悲惨な結果となった。

第一関門の浅間峠を過ぎて SPOT を灯すも、あれ?意外と暗いな...と不安がよぎる。

下界の平坦なプチトレイルでは十分に感じた明るさも、山だと違った。
下界では、暗いとはいえ電灯や家からこぼれる灯りがある。山のような、真の暗闇ではない。また、山の複雑な地形も影響する。

そこへ濃霧が立ち込みはじめ、一気に視界が遮られる。
更にその後、シトシトと雨が降り始める...これが決定的にまずかった。

SPOT は霧や小雨に全く太刀打ちできず、視界はわずかな範囲をおぼろげに照らすだけ。自身の足先が、まるで見えない。

なんという恐怖!必死の集中力で、少しでも視界の確保を試みるが、見えない。何も見えない。
この状況下で走るなんて全く無理で、一歩を踏み出すのにも勇気が必要だった。危険だったし、本当に疲れ果てた。

その光景を見よ!(この映像はピントがボケているのではなく、私の目を通じて見えていた光景とほぼ同じ)


ハセツネCUP2017 霧の夜間走

途中、第二関門の月夜見の駐車場エイドへと向かうロードで、ライト無灯火のような私とは対照的に、あまりにも明るいヘッドライトで走るランナーがいた。雨をものともせず、煌々と前方を広く照らしている。
思わず近寄って「そのライト、すごいですね」と話し掛けたところ、「でしょう。レッドレンザーのライト、最強ですよ」

それがこれ、 LEDLENSER MH10

ハセツネで苦々しい思いをした私はその後、2018年4月の奥三河パワートレイルを前に入手。
なおアウトドア系のお店のヘッドライトコーナーでは、どの店でも面出しでプッシュされていて、自分は売り場のどこを見ていたんだ...と。

三河パワートレイルのレース後半では、どんどん関門が厳しくなってゆくと同時に、夜間走へ突入したが、暗闇に不安なく、走り続けることが出来た。制限時間前ギリギリで完走出来たのは、間違いなくこのライトのおかげ。
ゴールまであと3kmほどの地点で、薄暗いヘッドライトで慎重に走っている人を抜かしたが、彼は制限時間内のゴールは難しかっただろう。

その後、彩の国100kmでも十分に働いてくれた。このレースでは更なる快適さを求めて、ハンドライトの LEDLENSER P7R も入手し持ち込んだ。

ヘッドライトで前方を、ハンドライトで足下を照らし、全く隙がなくなった。
ただハンドライト P7R については、知らずに最強モードで使い続けてしまったため、案外早くバッテリーが切れてしまい、途中からヘッドライト MH10 だけにしたのだが、それでも特に困らなかった。

このヘッドライトがハセツネの時にあったら!恐怖も無く前進でき、あと2〜3時間は早かっただろう自信がある。

MH10もP7Rも、充電電池を採用している点もいい。レース前、"ヘッドライトには必ず未使用の電池を入れること" とはいうが、とはいえちょっと使っただけの電池を抜いて毎回新品を入れるのはコスパが悪い。
比べて、MH10はmini-USBケーブルを刺すだけのお手軽充電。P7Rには、マグネット式の使い勝手のよい充電システムが採用されている。

どうか私のように、レースでは、あるいは天候次第では使えないレベルのヘッドライトではなく、安心して走行できるヘッドライトを手に入れて欲しい。

※なおフォローしておくと、Black Diamond SPOT は、ロードのナイトランにおいては今も活躍してもらっている。

<参考>

2. トレッキングポールから力をもらおう

ハセツネ前、トレッキングポールを手に入れ、使うべきかは悩んでいた。
そんな時、ハセツネの情報収集中に読んだ松井さんのブログ記事で、ポールについて真剣に考えはじめる。

mountain-ma.com

上記の記事からの引用。

まずはストック(ポール)について。
これ、必須です。
かなり走力がないと、ストックなしでは三頭山も御前山も戦えません(笑)
ストックは第1関門の浅間峠後から使用可能なのですが、本当にこれに支えてもらいました。
なんなら、御前山なんて半分以上寝ながら進んでいたので(笑)
このストックなしでは無理だったと思います。

また、有用なトレイルランの教科書のひとつ「ウルトラ&トレイルランニング コンプリートガイド」の第七章には、以下のようにある。

ウルトラ&トレイルランニング コンプリートガイド

ウルトラ&トレイルランニング コンプリートガイド

"Lean on Me":トレッキングポールから力をもらおう

ヨーロッパのトレイルランナーが、マウンテンランニングにトレッキングポールを取り入れるようになったのは、かなり昔のことだ。米国ではかなり遅れたが、現在、使われることが多くなっている。トレッキングポールがいちばん役に立つのは、上りである。山にさしかかったランナーが、背中を丸めて両手を膝につき、腕で前に進もうとする。そんな姿はすぐに頭に浮かぶだろう。だったら、前かがみにならずにポールをつき、上半身の力をうまく利用している姿も想像してみよう。なかには、ポールを使うと、上りでのピッチがより速く、効率的になると言う人もいるのだ。

クリッシー・モールは、2009年のUTMBを制した選手だ。この大会は、アルプスを舞台に行われる103マイル(165km)のレースだが、モールはここで初めてトレッキングポールを使った。その効果を問われたモールは、こう答えた。「大あり。かなり働いてもらった。特に後半。ラスト30マイル(48km)に大きな上りが3つあったけれど、まさに引っ張ってもらったわ」

比較的長いレースでは、上りが速くなるとタイムが縮むだけでなく、レース後半まで力を残しておける。ウルトラマラソンのベテラン、ギャレット・グロービンズは、レッドヴィル100マイルを走ったあと、「トレッキングポールは、一歩一歩、ほんの少しずつ、私の脚を助けてくれた。このほんの少しの支えが、100マイル分、積み重なっていったんだ」と語っている。

こういった情報も参考に、ハセツネに挑むにあたって、トレッキングポールの力を借りようと決めた。
イメージ、第一関門の浅間峠を出発するとき、第二形態にフォルムチェンジ、武器装填完了!みたいな。

私が選択したのは、Mountain King - Trail Blaze (アルミ) だ。
トレイルランニング向けのトレッキングポールの比較については、前回まとめた記事も参考にして頂きたい。

longmayyourun.hatenablog.jp

私は事前に、白馬国際トレイルレース50kmで実践投入。このレースでは、トレッキングポールをフル活用して力強く走ることができて、7時間12分。自分的には快走だ。

ポール活用の手応えを得た私は、ハセツネでもフル活用。まさに一歩ずつ、脚を助けてもらった。

さてハセツネで使う場面だが、まずはポール解禁となる第一関門浅間峠から大ダワまで。

大ダワから大岳山の間にはガレた下りが続くため、収納しておこう。手で持って降りると邪魔になるだけでなく、周囲のランナーにとっても危ない。

終盤の日の出山以降も使える場所。もう一度取り出して力を借りるのもいいだろう。

3. 試走必須

よほど完走に自信のある人以外は、必ず試走しよう。ハセツネクラスのコースでは、試走の有無は完走の明暗を分ける。
試走していさえすれば、精神的な安心感が全く違う。
知らないコースを、「いつこの登りが終わるのだ」と不安に思い続けて進行するのと、「この道は知っている、前に走り切れた」と自信を持って進行するのでは大違いだ。

ハセツネの試走は、前半と後半を分けて行おう。

前半は、武蔵五日市駅からスタート。三頭山直前で三頭大滝側へ降りて、都民の森で終了するのがおすすめ。ゴール地点の都民の森では、水分や軽食確保が可。そこからバスで武蔵五日市駅へと戻ることができる。

後半は逆に、武蔵五日市駅から都民の森へバスで移動。都民の森から走りはじめて、三頭大滝の側から三頭山直前のルートへ戻り、あとはゴール、つまり武蔵五日市駅まで走る。

アレンジとしては、前半は月夜見駐車場まで、後半も月夜見駐車場から、というコース取りもあるようだ。

なお、モシコムなどで試走会を見つけることが出来る。こういった会に参加するのはおすすめ。攻略の仕方を丁寧に教えてもらえるだろう。

個人的には、無理にハセツネコースで夜間走をする必要はなく、両方日中でいい。夜間走は、未経験であればそれはそれで別途軽く試しておこう。

最後に

f:id:nuichi:20180602111041j:plain

多くのハセツネ初チャレンジャーは、はじめて70kmという長距離、そして夜間に及ぶレースを経験するのではないかと思う。

ハセツネは制限時間24時間と、時間は十分にあるため、水切れや怪我がなければ、多くの人がゴールできると言われる。近年の完走率も75%−85%程度と、高めではある。

しかしながら、500人程度はリタイアするわけで。キツい局面は少なくない。レース中、リタイアを申請するランナーに遭遇すると、ぐらりと心が揺れる。

まず、万が一生死に関わるような身体の状態になったら(水切れしそうなど)、無理する必要はない。意地を張らず、今年は諦めよう。 来年、十分に準備して再度挑めばいいのだ。死んではいけない(ハセツネでは過去、死者も出ている)。

ただしその手前、心が折れそうになった時は...踏ん張るしかない。 そんな時の私のおすすめの呪文をどうぞ。

「ゴールしたら、ビールを呑んで、今日はもう何もしない」

喉の渇き、水分枯渇と闘うハセツネでは、やけに力がわいてくるフレーズだ。 辛いときに、どうか唱えてみて欲しい。